大熱血!アセンブラ入門 サポートページ

書籍情報

秀和システムのページ
amazonのページ

目次(秀和システムの書籍案内ページ)

どんな本なのか?

アセンブラ・リーディングの本です.とはいってもCPUの難しいドキュメントなどに 頼るのではなく,フィーリングで気軽に読んでみよう,という本です.
「アセンブラをフィーリングでなんとなく読む方法」を説明している本です.

アセンブラの文法や命令一覧などを説明するのでなく, C言語のサンプルプログラムをコンパイルすることで生成されるアセンブラを見て, サンプルとアセンブラを照らし合わせて,命令の意味を推理しながら読んでいきます. つまり「理論→実践」という順番で読むのではなく,読解をベースとして, 現物主義で読んでいきます.第1章を読んでいただければ,だいたいどんな感じで 読んでいくのかがわかるかと思います.

英語の小説を読むときに,わからない文法や単語をすべてピックアップしてから 文法書と辞書で全部ガッチリと調べて,予習してから読むのでは,たぶん途中で 挫折します.っていうかやっててつまらないです. そういう読み方をするのではなく,まずはその小説を開いてみて,わからなくても 気にせずに,文法や単語の意味を推測しながら勘とフィーリングで「なんとなく」 読んでいくような,そんな感じでアセンブラを読む方法を説明します.

アセンブラを読むときに,CPUのぶ厚いドキュメントに頼らなくてもなんとなく 読めるようになる,そんな方法を説明します.実は筆者のアセンブラの読み方が, そんな感じなのです.(CPUのドキュメントとか,あまり読まずにいきなり読むんです)

ページ数が非常に多いのですが…

1164ページと分量が多く,非常にぶ厚い本です.

全部を先頭から順番に通して読破するという読み方だとなかなかたいへんでしょうし, それがたいへんなので結局読まれない,というのでは筆者も残念です.きちんと通して 読むのではなく,目次をザッと見て読みたいところからつまみ読みで読んで, 全体の半分程度も読めば元は取れたのでまあいいか,という軽い感じで読むのが いいかと思います.

とくに第2部と第4部はさまざまなCPUの説明なのでつまみ読みで読めますし, 興味のあるところだけ読めばいいでしょう. また第3部と第5部は(筆者的にはものすごく面白いと思いますが)興味がなければ とくに読まなくてもいいでしょう.

1164ページもありますが4600円とページ単価は非常に安いので,読みたいところだけ 500ページも読めば十分に元は取れるかと思います(普通の技術書は,300ページくらいで 3500円とかが相場なので).

ぶ厚いエッセイ集で,いっぱい話が入っているのでお得!読みたいところだけ 読めばいいや!くらいの感じで考えていただければと思います. もちろん筆者としては全部読んでいただければすごく嬉しいですが,それがたいへん なので結局読まれないというのではさびしいので,むしろあまり気負わずに, それくらいの軽い気持で読んでいただければと思います.

あと技術書というよりも,「見てみたら,こうだった」「試してみたら,こうなった」 みたいに読みモノっぽく書いてあるので,ライトな感じで読んでいけるかと思います. ページ数は多くても,内容はあまり重くないと思います.

50種類のアセンブラを扱います

様々なCPUのアセンブラを比較しながら読んでいきます.扱うアセンブラの種類は 50種類にものぼります.

これは同じ働きをするアセンブラを違うCPUで見て比較することで,さらに理解が 深まると思うからです.

あと,そのほうがいろいろ読めて面白くて,読むことのモチベーションがさらに 高まるからです.PCのアセンブラだけじゃなくて,他にもいろいろ読めたら 面白いじゃあないですか.

「熱血!アセンブラ入門」との関係は?

「大熱血!アセンブラ入門」は「熱血!アセンブラ入門」の増補改訂版です.

旧作の内容(第1部〜第3部)は減らさずに内容追加に合わせた修正や誤記修正などを 行って改訂しています.さらに第4部と第5部として,以下の内容を追加しています.

旧作をすでに読んだかたが新たに購入してももったいないことにならないように, 追加の章を充実させることに力を注ぎました. 旧作をすでに読んだかたにも満足していただければ幸いです.


メールは kozos(アットマーク)kozos.jp まで